さなぎが蝶になるように???第26回全国少年フェンシング大会

第26回全国少年フェンシング大会が終わりました。

ん~~何から書いたら良いのでしょう??

全国大会には魔物が棲む・・・?
子供達がフェンシングを始めてから5年、私は会場で数々の魔物を見てきました。
それは自分の中だったり、機械だったり、道具や時間の中に隠れていたりして選手たちを翻弄します。
それは尽きることなく私たちに襲いかかってきて、どうすることもできない大きな波に飲み込まれていくような錯覚に陥ることもしばしば・・・
でも、それは錯覚。魔物なんか本当はいない!
フェンシングを楽しもう!!全国大会で!!!

1日目・・・小学生フルーレ個人戦
全国初参加のゆうとくんみきちゃんは、おそらく何がおこっていたか分からなかったかもしれません
大きな会場に連れてこられ、初めてみるたくさんの小学生フェンサー。
ただただ目の前の試合をやることが精一杯・・・
今は経験を積んでいく段階ですから、それもアリでしょう。

小学生最後の全国に挑んだそうちゃん。
本人の望む結果は得られませんでしたが、ここからどう考え練習していくかによってはこの大会は彼のターニングポイントになるのではないか・・・いや、そうなって欲しいと私は思います。

画像


2日目・・・中学男子フルーレ個人戦
この日、3人のスタンスは微妙に違っていたように見えました。
中学生ともなると、よく言えば陽気でおおらか(普通に言えば能天気)だった彼らも色々と考えるようになります。
どこがどう?ってよく分からないのですが3人ともが違う方向を見ていたような・・・ってちょっと抽象的すぎますかね
そんな中で、最後まで集中力を切らさなかった京太が目標であったbest8入賞しました。
学年が上がるごとに、フェンシングであったり部活であったり勉強であったりたくさんの課題が積まれていきます。
勝ったり負けたりしながらただ楽しくフェンシングをやる子供の時間は彼らはもう終わりつつあるのかもしれません。
強いフェンサーに成長していくには何かを変えないと・・・そして自分で見つけ出さないと・・・そこに変化のキーは隠されているような気がします

画像


一年間この大会を目標に頑張ってきました。監督の指導は彼らを奮い立たせ、自由にピストを跳び回り、大舞台へと羽ばたかせました。
また選手たちの伴走者として二人三脚で走り抜けたお父さんお母さんも彼らに大きな力を与えました。
まだまだ さなぎ の選手たちです、これからも厳しく温かく見守ってやってください。
彼らが蝶になるのはまだまだ・・・・まだまだ先のことです。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ちび丸
2013年08月16日 19:25
全国大会入賞おめでとう
中学生はパワーを全開で押してくるフェンシングが多い中、京太君入賞は全国の小柄なフェンサー達の励みになりました
今後も応援しています。
2013年08月17日 09:40
ちび丸さん
ありがとうございます
中学生はトーナメント1回戦から体力を消耗する試合が続き、スタミナと集中力の大切さを再確認しました。
たくさん食べてたくさん練習
ですね

この記事へのトラックバック